IBS(過敏性腸症候群)で処方された薬

自分用メモです。

3か月ほど下痢の症状が続いたため、ネットで調べるとどうやらIBS(過敏性腸症候群)が一番近い症状かも。

というわけで、まずは胃腸科に行ってみました。

その時処方された薬について、メモがてら残しておきます。

ビオスリー配合錠

※一回2錠、毎食後に服用

腸の調子を整え、下痢などを改善する薬です。腸内の有害な菌の増殖を抑え、腸内環境を整えることにより、整腸作用を示します。

副作用・・・特になし

調べたら市販薬もありますね。

ビオスリーHi錠 [指定医薬部外品]

処方薬がなくなったら、Amazonで買えばいいかも。

ちなみに整腸剤はこれまで

  • ビオフェルミン
  • パンラクミン
  • 新ラクトーンA
  • ザガード
  • ビフィコロン

など色々試しましたが、特に効果は感じられず、でした。

ポリシロ錠40㎎

※一回1錠、毎食後に服用

胃腸内にたまったガスを除く薬です。胃腸内に存在する気泡を破裂させ、いくつかの大きなガス体にして体外に排泄されやすくします。

副作用・・・まれに軟便、胃の不快感、下痢、腹痛、吐く、吐き気、食欲がない、胃が重苦しい感じ、頭痛等が現れることがあります。

市販で「ガスピタン」というのがありますが、それと同じような効果のようです。

ガスを抑える、ではなく「ガスを排出させやすくする」というのがポイントですね。

飲むとおならが出やすくなるということです。



トリメブチンマレイン酸塩錠100mg

※一回1錠、毎食後に服用

消化管の運動を整え、吐き気や腹痛、おなかが張るなどの症状を改善したり、便通を整える薬です。消化管の筋肉に作用して消化管の運動以上を調整します。

副作用・・・まれに発疹、下痢、便秘、かゆみ、口が乾く等が現れることがあります。

セスデンカプセル30mg

※一回1錠、毎食後に服用

消火器や胆道、尿管のけいれんを抑え、痛みを和らげる薬です。自律神経の一つである副交感神経を抑制することで、消化管や尿管などの筋肉の収縮や運動を抑えたり、胃液の分泌を抑えます。

副作用・・・まれに口が乾く、便秘、動悸、頭痛、めまい、発疹、目がまぶしい、尿が出にくい、物が見えにくい、気持ちが悪い、お腹が張る、眠気等が現れることがあります。

※この薬品にジェネリック医薬品は存在しません。

これは鎮痙剤?ブスコパンと同じようなものかと思われます。

【第2類医薬品】ブスコパンA錠 20錠

ロペミンカプセル1mg

※一回1錠、夕食後に服用

下痢を止める薬です。腸の夕食後に運動を抑制したり、腸管からの水分や電解質の分泌を抑制し吸収を促進して、下痢を止めます。

※ジェネリックあり

要は下痢止めですね。

効果を見ると、正露丸と近い薬なのかもしれません。

飲み続けた結果

以上を一週間きちんと飲み続けた結果、とりあえず下痢の症状はおさまったようです。

ただ「消化によい食事(肉、脂物を食べない)」と「アルコール、コーヒーを飲まない」も同時に続けたので、薬だけが効いたかは不明です。

次週は食生活を普通に戻し(コーヒー、アルコールも飲む)、薬も続けてみてどうなるか、を検証してみます。

追記

2週目にもう一種類処方されました。

アルプラゾラム錠0.4mg

※一回1錠、朝食後に服用

不安や緊張を和らげる、心理的な要因による体の不調を改善する、入眠を助ける薬です。脳に働き、神経の興奮を抑える物質(GABA)の働きを強めます。

副作用・・・眠気、めまい、ふらつき、頭痛、不眠、目がかすむ、物が二重に見える、口が渇く、気持ちが悪い、吐く、食欲がない、腹痛、便秘、脱力感、体がだるい、筋肉の脱力、発疹、肝機能検査値異常等が現れることがあります。