FXトレードでやってはいけないこと

FXトレードで「これをやってはいけない」をまとめてみました。

FXで儲けるのは、簡単なようで非常に難しいことです。

結局のところ「上がるか下がるか」しかないので、間違ったトレードでも儲かってしまうことがあります。

相場の方向を予想する

「この先相場が上がるのか下がるのか」を考えることは非常に重要です。

これが無ければ、そもそもポジションを持つことができません。

結局は「上か下か」の2択なので、先行きの予想をして当たる確率は2分の1です。

自分の相場の見立てが正しくて当たることもあれば、全く見当もしなかった事象により「結果的に当たった」というケースもあります。

その場合は「果たして自分の読みは正しかったのか?」「結果論ではないのか?」を自問自答する必要があります。

たまたま自分の思った方向に動いて「自分には相場の先行きが読める」などと思ってしまうと、近いうちに痛いしっぺ返しをくらうことになります。

未来のことは誰にも分からないのです。

値動きについていく

先のことは分からないので「値動きについていく」という手法を考えるかもしれません。

実際にやってみると、これはかなり難易度が高いトレードです。

ある程度のはっきりしたトレンドが出ているうちはいいですが、揉み合いのレンジ相場になった時に大体やられます。



チャートポイントで待ち伏せする

自分なりにチャートポイントを分析し、そこで待ち伏せする方法です。

ここまで下がったら押し目買い、またはここまで上がってきたら戻り売り、などのパターンです。

この方法の問題点は「ポジションを建てるタイミングが常に逆張りになる」ところです。

押し目を待つということは、上値からそのポイントに接近してくるときの値動きは”下落”です。

トレンドが既に下落トレンドに変わっていた場合、押し目買いのポイントを一気に下抜けていきます。

結局、聖杯は無い

ある程度経験のあるトレーダーは口を揃えて「手法は重要ではない」と言います。

手法なんて何でもいい、という人もいます。

上に書いたことは「やってはいけない」というよりも、「過信してはいけない」と言った方が正しいかもしれません。

「このポイントまで来たら反転するはずだ」と考えるのは間違ってはいませんが、そうならなかったらどうするのか、を考えなくてはいけません。

「狙ったポイントまで来た、ここで全力勝負!」などとやると、間違いなく破産します。

自分の読み通りに相場が動くようであれば、あとはギリギリまで利確ポイントを引っ張るだけです。

または当初の利確ポイントで躊躇なく利確するか、です。

このままずっとこの方向に動いて欲しい、などと思うと利確が遅れ、せっかく利が乗ったポジションがマイナスになってしまう、なんていうこともあるのです。