FXで勝つために必要なこと

FXで勝つためには、いったい何が必要なのでしょうか?

なんとなく安いから買ってみた → 上がった → 適当なところで売った → 儲かった。

こんなことが起きてしまうのがFX取引です。

ただしこのやり方を続けていると、買ったり負けたりしながら、結局はお金を失うことになります。

上記のやり方で後先考えずに全力勝負して大儲けした、というケースもあるでしょう。

その一回だけで引退すれば大儲けですが、次同じことをやったら大負けする確率の方が高いことは間違いありません。

投資でも投機でもなく、これではただのギャンブルです。

勝つことの意味を考える

そもそもFXで勝つ、とは何を指すのでしょうか?

これは人により考え方が違うと思いますが、個人的には

長期間安定して収益を上げ続ける

だと思っています。

決して「100万円を3か月で1億円にする」などではありません。

この場合の「収益」は金額でいくら、でもいいのですが、パーセントで考えると資金は右肩上がりで増えていくことになります。

例えば元手100万円で毎月3パーセントの収益を上げられるなら、

  • 1か月目 100万円 → 103万円
  • 2か月目 103万円 → 106.09万円
  • 3か月目 106.09万円 → 109.2727万円
  • 4か月目 109.2727万円 → 112.55万円 ・・・

という感じで、地味に増えていくわけです。



FXだけで食べていけるのか?

個人的にはYesだと思いますが、

とてつもなく困難

だと断言します。

ただし世の中には非常に困難なことを仕事にして生計を立てている人はいくらでもいますので、その中の一つと考えれば全然不可能なことではありません。

FXで食べていける人の条件を考えてみると、

FXトレードが大好きである

これは非常に重要です。

もし稼げるとしても、好きでもないことを仕事にするのは苦痛でしかありません。

朝から晩までずっとチャートを見ていても苦痛を感じない、むしろ楽しい、という人なら資質があるかもしれません。

逆に世界中で起きている経済ニュースを追い続けるのは面倒、と感じる人は向いていないと思われます。

仕事だと割り切れる

「FXトレードを仕事にするということはどういうことか」

を自分なりに理解して、それを実行する必要があります。

ただやみくもに「稼ぐ」とことだけしか考えないと、稼げるかもしれませんが生活が破綻します。

結果体調を崩すことになるでしょう。

例えば「1日2万円稼ぐ」を目標とするなら、朝から始めて2万円稼いだらもうその日は一切トレードしない、と決めてしまうのもありです。

これを1か月続けることができれば、月末には2万円×20営業日分の40万円が必ず手元にあるはずです。

と、こう文章で書くと簡単なことのように思えますが、実際にやってみるとその難しさに気付くことになります。