魚焼きグリルで食パンを焼く

普通食パンを食べるときはトースターで焼きますが。

私の家にはトースターがありませんでした。

まず最初に得た情報だと「フライパンでトーストが焼ける」だったのですが。。

フライパンは不要と判断したので買いませんでした。

そこで目を付けたのが「魚焼きグリル」。

そう、前の家には魚焼きグリル(片面)があったのです。

魚焼きグリルに水は入れる?入れない?

食パンを焼くだけなら水を入れる必要はありません。

あれは脂が落ちた時に燃えないためとか、消臭のためらしいのですが。

パンだけなら脂が落ちることもないし、水なしでも特になにも問題はありませんでした。

注意:基本的には説明書の指示に従った方が安全ですので、自己判断でお願いします

どのぐらい焼けばよいか

片面グリルの場合です。

私の場合は、

  • 強火で2分半焼いてひっくり返す
  • 反対側を1分半焼く

でほぼ理想の仕上がりとなりました。

ちなみに上記は6枚切りの場合で、その他の〇枚切りの場合、微調整が必要かと思われます。

厚みがあると火が近くなるため、イメージとは逆で焼きあがる時間が早くなります。

ただ途中から時間を計るとかタイマーをセットするのが面倒になり、結局は焼け具合を目視、の方が楽になりました。

地味な注意点

魚焼きグリルでパンを焼くと「外はサックリ、中はフワフワ」になります。

焼き上がりにマーガリンを塗ると、とたんに「全体ベチョベチョ」になってしまいます。

なのでマーガリンは使用せず、そのままハムなりチーズなり載せる食べ方がオススメです。

ピーナツバターとかジャムとかならそんなに染み込まないので大丈夫かも?(未確認)

あと魚焼きグリルでパンを焼いても魚の臭いが移らないという情報もちらほら見ましたが、自分は結局魚焼きグリルで魚を焼くことがなかったので、こちらも未確認です。

また表面だけがいい感じに焼けた状態になりますので、焼きあがったらすぐに食べましょう。

冬場は特に、冷めるのが早いです。。



魚焼きグリル用の石

魚焼きグリルの皿に敷き詰める小石ですが、100円ショップ売ってたので買ってみました。

が結局食パンしか焼かなかったため、効果のほどはイマイチ感じられず。

脂が溜まると引火して危ないという説もありますがどうなんでしょう?

個人的には不要かと思っています。

遠赤外線効果で魚が美味しくなるとのことですが、グリルの説明書には「水以外のものを入れないでください」とあるし・・

あと石が脂を吸うので掃除が楽、というメリットもあるようです。

私が買ったものは「使い終わったら不燃ゴミで出すように」とあったので、パンしか焼いてないから全く汚れてなかったものの、引っ越しの際に不燃ゴミで処分しました。

結論

魚焼きグリルがある部屋に住んでいるなら、トースターを所有しなくてもトーストが食べられます。

しかも外はサクサク、中はもっちり。

おまけにバターもマーガリンも使わないから(私の場合)、お金もかからずヘルシーで良いことづくし。

また魚焼きグリルを有効活用すれば、調理器具が少なくても工夫次第で様々な料理が作れます(魚焼きグリル専用の調理器具も売られています)。

ただ、温めだけなら電子レンジが楽かな・・