長期海外旅行でのお金の持って行き方

一週間程度の旅行なら日本円を現金で持って行き、現地で両替します。それよりも長期になる場合、どうやって現地通貨を手に入れるか、を考える必要があります。

以前はトラベラーズチェックにして持って行く方法が最善とされていましたが、今となっては使われなくなりました。
※日本国内では2014年3月31日ですべての販売が終了したとのこと

また渡航先によりベストな方法は様々ですが、色々情報を見る限り

  • クレジットカードのキャッシング
  • 国際キャッシュカード
  • 海外専用プリペイドカード

のいずれかをみなさん利用されているようです。

他に海外送金という方法もありますが「旅行期間を1か月~3か月程度」で考えるので、ここでは外します。

クレジットカードのキャッシング

が結局一番お得!としているサイトをよく見かけます。

私自身は使ったことがありません。

繰り上げ返済など考えるのが単純に面倒、が主な理由です。

カードが機械に飲み込まれたりスキミングのリスクもあるし。。

ただ他の方法よりも結局得になるようなので、今後は使うことになりそうです。

次回は楽天カードで試してみます。

国際キャッシュカード

過去に使ったことがあるのが国際キャッシュカードです。

新生銀行のキャッシュカードを持っているので、手持ちの現金がなくなった時の非常用として持っています。

レートや手数料の問題でお得感は全くありませんが、お守りとして今後も持って行くことにします。

海外専用プリペイドカード

以前「NEO MONEY」のカードを作ったことがありますが、結局使用する機会がなく。

最近よく見かける「マネパカード」を作ったので色々調べたところ・・

詳しく解説しているサイトが既に多数あるので詳細はそちらを参照していただくとして、利用条件によってはあまりお得ではないような気もしています。

次回の旅行で使ってみようと思っていますが、

  • 米ドル
  • ユーロ
  • ポンド
  • 豪ドル
  • 香港ドル

が使える国でないとお得度は下がるようです。

アジアだと、米ドルがそのまま使えるベトナムとカンボジアならメリットがあるかも?

マネパカードのATM手数料と現地のATM手数料がダブルでかかってくることを考えると、あまりお得感がないような気もしています。

次回旅行に向けて

基本は日本円の現金+クレジットカードのキャッシング、予備で新生銀行の国際キャッシュカードとマネパカード、というスタイルになりそうです。

マネパカードの外貨を空港で受け取れるサービスは良さそうなので、少額だけ試してみるかもしれません。

現地で実際に試した結果は記事としてアップする予定です。