簡単で失敗しないゆで卵の作り方

簡単なようで意外と失敗することも多いゆで卵作り。

失敗のケースとしては、

  • 白身が固まり切らない
  • 黄身が柔らかすぎる
  • 黄身が固ゆでになってしまう
  • 茹でている最中に殻が割れてしまう

などなど。

茹でかたにも色々あって、

  • 卵を冷蔵庫から出して常温に戻しておく
  • 水が沸騰してから冷蔵庫で冷やした状態の卵を入れる
  • 鍋に卵を入れて水から沸かす

等々、人によりやり方があるようです。

出来る限り面倒さを省き、かつガス代を最も節約できるパターンについて書いてみます。

鍋に卵を入れ、水を張る

冷蔵庫から出した卵を小鍋に入れ、水を入れます。

この時卵が完全に浸かるまで水を入れる必要はありません。

卵の一部がちょっとだけ水面から出る程度入れれば大丈夫です(水の量を少なくしてガス代を節約するため)。

火を付けて2分~3分沸騰させる

7分とか10分沸騰させる作り方もありますが、これだとガス代がもったいないです。

2分~3分沸騰させれば十分です。

火を止めてそのまま放置する

ガスを止めたあと、余熱で卵に火を入れていきます。

この放置時間で出来上がりが決まりますので、自分の好みの固さになる時間を微調整していきます。

まずは10分放置して確認しましょう。

5分だと白身が固まり切らず、殻が向きづらい可能性があります。

うちの環境だと、10分放置で「固ゆでと半熟の中間」ぐらいになります。

使う鍋によってもこの辺は変わってきますので、自分の好みの固さになるまで時間を調整してみてください。



卵を水で冷やす

10分放置したら鍋のお湯を捨て、卵を水で冷やします。

この作業は適当で大丈夫です。

一旦冷やした方がなんとなく殻が剥きやすくなる?程度のものです。

以上で出来上がり。

余談:殻を剥く

ゆで卵の殻を剥く方法は「タッパーに水と卵を入れてしゃかしゃか振る」など色々あるようですが、逆に面倒なのでシンプルに手で剥きます。

自分のやり方は

  • 卵の底をちょっとだけ割る
  • 割った部分を下してテーブルに置き、縦に一周ぐるっと回して全体にヒビを入れる
  • 卵を縦に持ち、横に殻を剥いていく

です。

この剥き方だと、茹で方が上手くいけば簡単に剥くことができます。

茹でる前に殻にヒビを入れておく方法

茹でる前にスプーンで殻にヒビを入れておくと剥きやすくなるようですが、力の入れ加減が難しく、やりすぎると中身が出てしまいます。

画鋲で穴を開けておく方法でも、中身が出てしまうことがあるようです。

殻を剥くのは上記の方法でやれば別に面倒ではないので、試したことはありません。