競馬で馬体重に意味はあるのか?

日本の競馬では、レースの直前に馬体重が発表されます。馬の体重の増減に意味はあるのでしょうか?

最初に結論を書いてしまうと、ズバリ

馬の体重に意味は無い

と思っています。

現にレースの度に馬体重を発表するのは、知る限り

日本と香港だけ

です。(もしかしたらどこかのマイナーな国の競馬で馬体重を発表しているケースがあるかもしれませんが)

少なくともヨーロッパの競馬では、レースの度に馬の体重を測ったりしません。

なぜ馬体重の発表があるのか

本当の理由は知りませんが、

馬券予想のファクターの一つとして(サービスで)提供されている

のだと勝手に思っています。

または、穿った見方をすると、負けた時(または外れた時)の言い訳に使えるから?とか、その程度のものではないでしょうか。

私が馬体重を気にしなくなった経緯

人間の勝手で、なぜか「2ケタの増減」だとなんとなく競馬に影響があるように感じてしまうものです。

でも長く競馬をやっていると、

  • 長期休養明けでプラス20キロ
  • 調教も強くやっていない
  • 明らかに腹回りが太く見える
  • パドック解説者も太目残りだと言っている
  • なので馬券からは消し

などと予想して、レースではあっさり勝たれる、なんてことがザラにあります。

そんなときのパドック解説者のレース後のコメントは

「体重が増えたのは成長分」などと平気で言うわけです。



でもよく考えてみると、馬の体重は、大雑把に言えば人間の10倍ほどあります。

馬体重プラス10キロだと、人間ならたった1キロ増えただけです。

これで競争能力に影響があるか?と考えると、かなり疑問です。

というか、予想のファクターとしてはほとんど役に立たないと考えています。

馬体重を気にするケースは

とは言うものの、予想の際には必ず馬体重をチェックしています。

馬体重が予想の参考になるケースを挙げてみると、

休み明け

2ケタ以上の増減がある場合は、一応気にします。

その際は、調教時計や厩舎コメントと合わせて考えます。

例えばコメントで「まだ太い」とあるのに実際はそれほど体重が増えていないなど、ギャップがある場合は馬券のヒントになります。

前走で大幅な増減があった後

こちらも同様で、例えば「体重が減っていたので前走後は馬体の回復に努めた」と言っているのに今回さらに減っている、などギャップがあるかどうかをチェックします。

逆に「太かったので強めの調教をした」とコメントがあるのに、実際は更に増えて出てくるときも怪しいです。

輸送競馬

まだキャリアの浅い2歳馬、3歳馬が関東⇔関西へ輸送すると、体重が大きく減ることがあります。

400キロぐらいしかない馬が輸送でマイナス10キロで390キロ、だったら馬券的には切り、という考え方ができます。

パドックで発汗がひどいなどの要素が加われば、自信を持って消せるときもあります。