海外旅行中のお金の管理方法

海外旅行中にお金をどう管理するか、は誰もが悩む問題かと思います。

旅行期間が一週間程度の場合で、私のパターンについて書いてみます。

2泊3日~3泊4日程度なら持っていくお金もたいした金額ではないので、有り金全部財布に入れっぱなしの場合もあります。

必要なお金をどうやって持っていくか

すべて日本円の現金で持っていきます。

旅行期間がもっと長くなれば別の方法も考えますが、一週間程度であれば現金で持っていくことにしています。

あとは非常時に備えて国際キャッシュカードとクレジットカードも持っていきます。

両替時の手数料を考慮すると、必要な分だけ日本円から現地通貨に替えるのが最もお得、という考えです。

現地到着後

基本的に、空港の両替所はレートが悪いです。

前回旅行時の残りなど、手元に現地通貨がある場合はそれでホテルまで行ってしまいます。

手持ちの現地通貨がない場合は、ホテルまで移動するための最低額を空港の両替所で換金します。

深夜着だと街中の両替所が閉まっているので、ホテルまでの移動+α(その日の食事と翌日の朝食などに必要な分だけ)を両替します。

紙幣であれば両替できますので、日本円だと1000円だけ両替、とかでも大丈夫です。

試したことはありませんが、1000円分と言っても500円玉2枚だと多分断られます。

あと大きなホテルだとフロントで両替してくれるところもありますが、たいてい空港よりもさらにレートが悪いことが多いです。



現地での両替

両替が簡単にできる国の場合は一度にまとめて両替せず、二日に一度ぐらいのペースでこまめに両替します。

そうすることで為替レートの影響を受けにくいのと、両替しすぎて現地通貨が余るリスク避けることができます。

ただし近くに両替するところがない、またはレートのいい両替所に行くのが面倒な場合は、レートのいい両替所である程度まとめて両替してしまうこともあります。

ホテルでのお金の管理

その日に使わない分は部屋にあるセーフティボックスに入れます。

外出時はその日に必要な分だけ持って出かけるようにしています。

大きな買い物の予定がないときは、カード類もセーフティボックスです。

そのため、必ずセーフティボックスを完備しているホテルを選ぶようにしています。

部屋にセーフティボックスがないホテルの場合

たいていフロントで預かってくれますが、

  • 毎回フロントに行くのが面倒
  • フロントのセーフティボックスが鍵式の場合、その鍵を持つのが面倒
  • ホテルスタッフの目線が気になる。。

今までお金を抜かれたとかはありませんが、ホテルによっては「開けようと思ったら簡単に開けらるよね?」的なセーフティボックスもありましたので、完全に信用するのも危険な感じがします。

部屋のセーフティボックスで被害に合った例も聞いたことがあるので絶対的に信用できるとは言い切れませんが、私の場合は

必要な分だけ財布に入れて、あとは部屋のセーフティボックスへ

のスタイルになりました。

途上国では外国人観光客というだけでスリに狙われやすなりますので、多額の現金を持ち歩くのは避けましょう。