海外個人旅行、空港からホテルまでどうやって行くか

一人で海外旅行に行くときの最初の関門は「空港からホテルまでどうやって行くか」です。

初めて行く国の場合、この時だけはツアーの人たちを羨ましく思います。特にあまりタクシーの評判がよくない国では。

公共の交通機関が利用できる場合

外国人旅行者向けの”ホテルから市街地まで”の公共交通機関がある場合は、迷わずそれを利用します。

ほとんどの場合バス(稀に電車)になるかと思いますが、まずそういう手段があるかないかを事前に調べることにしています。

できれば公共交通機関が動いている時間帯に到着する飛行機を選ぶようにもしています。

「タクシーを使う」はいつも、他の方法がないときの最終手段、と考えています。



それでもタクシーを使うときは

到着時間が遅い、そもそもタクシー以外の移動手段がないなど、どうしてもタクシーを利用せざるを得ない状況になることがあります。

運転手が話かけてくる場合

白タクなので間違いなくボラれます。ボラれるだけならまだしも、目的地まで到着できる保証もありません。

よほどの事情がない限り、避けた方がよいでしょう。

リムジンタクシー

空港内にブースがあるのはたいていリムジンタクシーで、一般のタクシーより高い代わりに、ベンツなど高級車を選べたりすることもあります。

人数が多かったり荷物が多い場合には案としてありかもですが、よほどリッチな人以外、一人旅で使うことはないでしょう。

エアポートタクシー

基本的にはエアポートタクシーを使うことになります。

一般タクシーよりはやや割高ですが、その分比較的安全です(絶対安全というわけではありません)。

乗るときにナンバーなどが書かれた小さな紙辺をもらうことがありますが、トラブルになった時に備えて失くさないようにしましょう。

タイミングが悪いとタクシー待ちが長蛇の列になっていることもありますが、他にいい移動手段がない場合は気長に待ちましょう。

下手に白タクなどに乗ってしまうと、予期せぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。

あとエアポートタクシーだからと安心して、くれぐれも車内で寝てしまわないように・・・