株のデイトレで負けるパターン

株のデイトレは非常に難しいものですが、負けパターンがいくつかあります。

株のデイトレで勝ちパターンというのは色々あるのですが、負ける場合はあまりパターンが無いように思います。

「負けるパターンは限られる」とも言えます。

これをやったら負けるという鉄板パターンをいくつか挙げてみます。

ただし、トレードの世界は「絶対が無い」ので、やってはいけないことをやっても、運が良ければ利益になることがあります。

でもそれはその時たまたまそうなっただけで、やってはいけないことをやっていればいずれ破綻します。

損切しない

どんなトレード本でも絶対と言っていいほど書かれているのは、損切の重要性です。

損切せずに辛抱強く待っていると戻ってくることがあるので、結果論として

「損切せずにずっと持ってて良かった」

というケースもない訳ではありません。

でもこれが癖になると、遅かれ早かれ破綻します。

相場は、我々が思っているよりもずっと遠くまで行くものです。

待ってたら戻ってきた、はたまたまで、そのままずっと戻って来ない可能性だってあるのです。

また、戻ってくるまで待っている間は資金が拘束されてしまい、他の投資チャンスを逃すことになります。

ダメそうならすぐに損切して次のチャンスを探す、というのが正しい姿勢です。

間違ったポジションをずっと抱えて神頼み、ではトレードとは言えません。



感情でトレードする

勢いに任せたナンピン、負けを取り戻したくてロットを大きくする、などなど、デイトレードをしているとつい感情的にやってしまうことがあります。

それで助かってしまうことがあるのですが、長い目で見たら破綻に向かっているのは確実です。

またこういうタイプのトレードをしてしまう人は、たった一度のトレードで全財産を吹き飛ばしてしまう可能性があります。

デイトレなのに持ち越してしまう

利益が出ているポジションで、翌日以降もさらにプラスが見込めるなら持ち越しもありかもしれませんが、損失が出ているポジションを持ち越してしまうのは最悪です。

これもそれで助かる可能性がゼロではありませんが、逆に動いた時のダメージが大きくなります。

マイナスの買いポジションを持ち越して、翌日以降連続ストップ安・・・となったらどうするのでしょう?