旧暦月名を覚える

覚えてもすぐ忘れてしまう旧暦月名について。

如月とか弥生とか皐月とか「あれ、何月のことだっけ?」と、覚えてもすぐに忘れてしまいます。

競馬にはそれぞれの旧暦月名のレースがあって、大きなレースだと、

  • きさらぎ賞 → 2月に行われる3歳重賞
  • 弥生賞 → 3月に行われる皐月賞トライアル
  • 皐月賞 → 4月終わりに行われる牡馬クラシック第一弾

はなじみがありますが、それ以外だと?となります。

旧暦月名を一覧にすると、以下となります。

1月 睦月(むつき)
2月 如月(きさらぎ)
3月 弥生(やよい)
4月 卯月(うづき)
5月 皐月(さつき)
6月 水無月(みなづき)
7月 文月(ふみづき)
8月 葉月(はづき)
9月 長月(ながつき)
10月 神無月(かんなづき)
11月 霜月(しもつき)
12月 師走(しわす)

競馬ファンには

  • 如月 → きさらぎ賞の2月
  • 弥生 → 弥生賞の3月
  • 皐月 → 皐月賞の5月(実際は4月後半のことが多い)

はなじみがあるので、その他の覚えにくいものを整理してみます。

1月 睦月(むつき)

正月に家族で仲睦まじく過ごす、で「睦月」のようです。

正月に家族親戚が集まっている場面を想像しましょう。

4月 卯月(うづき)

卯の花が咲く季節なので「卯月」と。

卯の花って、あんまりなじみがないですが。

食べ物の「おから」のことを「卯の花」と言ったりしますね。



6月 水無月(みなづき)

6月は梅雨で雨が多そうなのに「水無月」なんですね。

6月=梅雨=雨=水、という感じで、なんとなく覚えられそうです。

7月 文月(ふみづき)

七夕で文章を書くことが多いから、ということらしいです。

七夕には短冊に何か書いたりするので、なんとなくイメージできます。

8月 葉月(はづき)

夏の暑い時期には葉っぱがたくさん生い茂る、という感じでしょうか。

9月 長月(ながつき)

月(夜)が長いから。

10月 神無月(かんなづき)

日本各地の神様がみんな出雲大社に集まってしまうため、神様がいなくなる=神無月、とのことです。

11月 霜月(しもつき)

寒くなってきて霜が降りる日が多くなるイメージです。

12月 師走(しわす)

これは一般的によく知られていますね。

旧暦月名の中でも、一番普通に使われている言葉です。

お坊さん(師)が年末年始の仏事のために走るほど忙しい、というは俗説で、語源は諸説あるようです。