初めての海外旅行はタイがオススメな理由

初めての海外旅行で行き先はどこがいいか?と聞かれたら「タイがオススメ」と答えることにしています。

旅行先としてタイ(バンコク)がオススメな理由を挙げてみます。

比較的近い、飛行機代が安い

日本からバンコクへは行きが7時間、帰りが6時間半程度と、比較的近めです。

アジア方面でタイより近い所となると、台湾、韓国、フィリピンあたりになります。

台湾や韓国は街並みなどが日本に近く、外国感が薄い。

フィリピンは治安に問題ありなので、旅行先としてはオススメできません。

また日本からバンコクへはLCCも含め多数の航空会社が乗り入れているため、料金が安めなのもポイントです。

物価が安い

屋台料理なら150円程度で食べることができます。

最近はタイの経済成長と円安であまり物価が安いと感じることも少なくなりましたが、それでも日本よりは安いと感じるでしょう。

衛生面がそこそこ

東南アジアの国々の中で、衛生面で普通の日本人でも耐えられるのは

  • シンガポール
  • マレーシア
  • タイ

ぐらいかな、と思います。

上記3か国以外では、屋台料理は避けた方が無難です。

食事が美味しい、種類が豊富

タイ料理が苦手な人でも、他の選択肢がいくらでもあります。

バンコクに関して言えば日系のお店が多数あるため、日本で外食するのとほとんど変わらないような気がします。

また夜中でも屋台があったりと、日本よりも食に関しては充実している印象です。

もちろんタイ料理は、本場なので日本で食べるよりも激安です。

老若男女それぞれ楽しめるスポットがある

定番の寺院以外にも、ショッピング、食、夜遊び、アミューズメントなど、魅力のあるスポットが多数あるのもタイの特徴です。


空港からバンコク市内へのアクセスが良い

今はエアポートレールリンク(空港から市内を繋ぐ鉄道)があるので、スワンナプーム国際空港からバンコク市内へのアクセスはかなり楽になりました。

他の東南アジアの国だと空港から市内へのアクセスはタクシーしかなく、到着早々に料金トラブルで不快な思いをする、ということが結構あります。

両替所が多い、遅くまでやっている

旅行者にとっては結構重要で、国によっては夜遅くに到着すると両替ができずに何もできない、なんてこともあり得ます。

また両替が銀行でしかできず不便な国もあったりしますが、タイなら街中の至る所に両替所があります。

治安が良い

夜遅くでも人が結構多いため、にぎやかな場所なら夜中出歩いても安心です。

もちろん、人通りのないところを歩くのはやめておいた方が良いです。

タイ人が観光客に慣れている

バンコクは欧米、アラブ、アジアなど世界中から観光客が来る場所なので、地元タイ人も外国人の扱いに慣れています。

タイ語がしゃべれないからと言って冷たい態度を取られることはありません。

簡単な英語なら大体理解してくれます。

情報が多い

日本からの旅行者や在住者が多いため、ネットで調べれば大抵のことはでてきます。

初めて海外旅行に行くなら「旅行のしやすさ」という点でタイのバンコクをオススメします。