初めてのアンコール遺跡観光

2017年10月24日~28日にアンコール遺跡観光に行ってきました。ほぼ事前知識なしで行ったため、行ってから分かったことが色々ありました。

行く前に知っていたことと言えば、

  • アンコールワットが世界遺産で有名
  • カンボジアのシェムリアップという町の近くにある

ぐらいでした。

元々アンコールワットに興味があったというよりは「カンボジアに行ったことがないから行ってみたい、どうせ行くならついでに有名なアンコールワットにも行ってみよう」という軽い気持ちでした。

アンコールワット?アンコール遺跡?

アンコールワットという名前だけが有名ですが、実態は

広大なエリアに広がるアンコール遺跡群というのがあって、その中の一つがアンコールワット(他にも色々ある)

ということでした。

入場料が必要

2017年10月現在、一日券が37ドルです(約4200円)。

ちなみに三日券が62ドル、一週間券が72ドルです。

この入場券ですが、遺跡群全体の入場券になりますので、例えば「アンコールワットだけちょっと見たい」という場合でも、37ドルの一日券を購入する必要があります。

よって「アンコールワット一か所だけ見る」だとコストパフォーマンスが非常に悪いため、多くの観光客は他にも何か所か回るコースを選ぶことになります。



小回りコースと大回りコース

遺跡によほど興味がない限り、小回りコースを選ぶ人が多いかと思います。

小回りコースとは、

  • アンコールワット
  • アンコールトム
  • タプローム (映画トゥームレイダーの舞台で有名)

の三か所を半日かけて回るコースになります。

大回りコースだとこの三か所に加えて、郊外にある遺跡にも足を伸ばすことになり、ほぼ一日コースになります。

ツアーで行く場合は小回りコース+アンコールワットから登る朝日を見に行く、がメジャーなようです。

市内の旅行社が企画しているツアーだと、朝日+小回りコースで13ドルでした。

私は個人で自由に回りたかったので、トゥクトゥクを半日チャーターして15ドルでした。

何よりも暑さ対策が必要

遺跡観光は日差しを遮るものが少ないため、暑さ対策は重要になってきます。

水は遺跡内でも買えますが高いので、行く前に街中のコンビニで買っていくことをオススメします。

私の場合はスコール対策で折り畳み傘を持って行きましたが、結局日傘として活用することになりました。

人生で日傘を使うのは初めてでしたが、それぐらい日差しが強烈なので覚悟して行く必要があります。

子供の物売りに注意

遺跡に行くと、子供の物売りがたくさんいます。

タプロームに行ったときは、トゥクトゥクから降りた瞬間に20人ぐらいの子供に囲まれました。

はっきり言ってぼったくり価格なのと、買ってあげてもそのお金は全部大人が吸い上げるだけなので、買うかどうかは自己判断で。