二度目のスクートビズ搭乗

6月に続いてスクートビズに乗ってみました。成田→バンコクです。

※搭乗日は2017年10月3日

成田空港で

スクートは成田第2ターミナルです。

予定通り出発2時間前に到着。

スクートビズは専用のチェックインカウンターがありますが、エコノミーも全く並んでいなかったため特に恩恵はなし。

前回はスクートビズのカウンターが多少並んでいたため、係の方がエコノミーのカウンターに割り込む形で案内してくれました。

出国時の手荷物検査、出国手続きもほとんど並ぶことなくスムーズに出国。

免税店なども空いてましたが、日本のお土産を売ってる店だけ長蛇の列ができてしました。

ゲートは85番で、チェックインの時にカウンターの人から「歩いて20分ぐらいかかるので早めに行くように」と言われました。

確かに遠い・・・

またスクートビズには数少ない恩恵として「優先搭乗サービス」というのがありますが、列に並ぶようアナウンスがあったので並んだところ、そのまま立ったままで10分ほど動きなし。。

ゲートが開いて列が動き出してから並んだ方が良さそうです。

席に着くとこれまた数少ない恩恵の「ウェルカムドリンク」ではなく「ウェルカムウォーター」がもらえます(ペットボトルではなくカップに入ったやつ)。



スクートビズ搭乗中

特に問題もなく定刻に離陸。

離陸後キャビンアテンダントから「離陸後30分で食事を出しても良いか」と(英語で)聞かれます。

あとこの時、食事を事前指定していない場合は食事を選ぶことになります。

事前指定している場合は飲み物を聞かれます。

前回は白ワインだったので、今回はビールを選択。

  • スーパードライ
  • タイガー
  • ハイネケン

から選べます。

事前指定時のみ選択できる「プレミアムセレクション」が今回は「海南風チキンライス」しかなかったので、自動的にそれを選択。

味はそれなりですが量が少ないので、これで1000円相当はやっぱりちょっと高めかと思います。

スクートに限らずLCCは機内で買うもの全てが高いので(カップ麺が400円とか)、エコノミーなら出発前にしっかり空港で食べる形にした方が良さそうです。

復路で現地通貨が余ったら、最後の使い道としてはありかと思います。

なお機内メニューや機内販売などはドルで表示されていますが、米ドルではなくシンガポールドルなので、大体8倍すると日本円の値段になります。

定刻より10分遅れでドンムアン空港に到着。

今回は妙にお尻が痛くなったので、自分用の記録として残しておきます。

ドンムアン空港到着後

機内アナウンスで、現地の天候は雨。

まだ雨季が終わっていないようです。

前回はあまり気にならなかったのですが、今回はイミグレが混んでる混んでる・・・

並んだところに「ここからあと45分」の表示がありました(泣)。

ここでフルサービスキャリアのビジネスクラスでスワンナプーム空港だと「エクスプレスレーン」からさくっと出ることができるのですが、スクートビズにはそんな効力もなく。

実際は30分ぐらいで出ることができましたが、これはもう運なのでしょうがないですね。

スクートはオススメか

結局のところ、フルサービスキャリア(LCCではない既存の航空会社)との値段の比較になるかと思います。

同じ直行便で

フルサービスキャリアのエコノミーよりスクートビズの方が安い

タイミングがあれば、私ならスクートビズを選びます。

JALかANAのエコノミーの方が安かったら悩むかな、という感じです。