万馬券を当てるコツ

競馬ファンなら誰しも憧れる「万馬券」。

ちなみに万馬券とは

100倍以上の馬券を当てること

です。

たまに1万円以上の払い戻しを万馬券という人もいますが、違います。

2000円買った馬券が当たってオッズ5倍、払い戻しが1万円でもそれは万馬券ではありません。

100円買った馬券が当たってオッズ100倍、なら万馬券です。

また、たまに万馬券のことを「マンシュウ」と言う人もいますが、間違いです。

「シュウ」は「舟」の音読みなので、競艇(ボートレース)で100倍以上の舟券を当てた時に「万シュウ」と言います。

ちなみにですが、競輪とオートレースの場合は「万車券」と言います。

競馬で馬券の種類が

  • 単勝
  • 複勝
  • 枠連

しかなかった時代では100倍を超える配当は滅多に出ることがなく、万馬券を当てることはものすごく価値があったのです。

今の3連複や3連単でしょっちゅう100倍以上の配当が出る時代では、万馬券の価値も薄れています。

万馬券を取りたい

まずそもそも、100倍以上の払い戻しがある馬券を買っていますか?

というのがスタート地点です。

宝くじと同じで、万馬券も「買わなきゃ当たらない」のです(当たり前ですが)。

万馬券になるということは、多くの人が「こんな馬来ないよな」という馬を買い目に入れないといけないのです。

みんなが来そうだと思う馬では、万馬券になりません。

「こんな馬絶対来るわけない」と思われている馬が馬券に絡む(3着以内)から、結果的に万馬券になるのです。



比較的取りやすい万馬券

万馬券でも、取りやすいものと取りにくいものがあります。

例えば3連複で

10番人気 → 9番人気 → 12番人気

で1,2,3着だと、これはもうお手上げです。

2桁人気馬で上位3頭が決まった場合、的中させるのは非常に困難です。

逆に取りやすい万馬券もあって、

1番人気 → 2番人気 → 16番人気

みたいなケース。

「上位2頭はほぼ固い、3着は何が来るか全く分からない」

というレースがあった場合、敢えて人気が下位の馬を相手に加えると、思わぬ高配当にありつけることがあります。

馬単での狙い

単勝が1倍台の圧倒的人気がいるときに

その人気馬を2着付けにした馬単

という買い方で、たまに美味しい配当にありつけることがあります。

この買い方が功を奏するのは

  • 新馬戦(人気と実力が不明)
  • 実績馬が長期休養明け(実力を発揮できるか不明)
  • 騎手で過剰人気

などのパターンがあります。

3連単の万馬券の取り方

上記馬単の応用で当たる時もありますが、3連単を当てるのは非常に難しく、多くの資金で馬券を購入する人以外にはオススメできません。