マンションの1Rと1Kの違い

マンションやアパートで一番狭い部屋に「1R」「1K」があります。

「1R」「1K」は何が違うのでしょうか?

基本的には、

  • 1R → 部屋の中にキッチンがある
  • 1K → 部屋とキッチンの間に仕切り(ドア)がある

が違いかと思います。

ですが実際内見に行くと必ずしもそうではないケースもあります。

あくまで一般的な概念としての違いは上記で「1Rより1Kの方がちょっと格上」となっています。

両方住んでみて分かったそれぞれのメリット・デメリットについて書いてみます。

1Kのメリット

キッチンと部屋がドアで仕切られていることにより、部屋にいる時にリラックスできる感じがします。

1Rで料理を作ると部屋全体が匂いがこもることになりますが、1Kだとキッチンと部屋の間にドアがあるため、それが軽減できます。

夜中に意外とうるさい?冷蔵庫の音も気になりません。

部屋にいるときにキッチンの生ごみの臭いが気になることもありません。

1Kのデメリット

とにかく冬場の乾燥がヒドイです。

ナイロン系のTシャツを肌着にすると、静電気で体に張り付きます。

1Rはキッチンと部屋が一体なので、水回りがあるおかげで1Kよりも乾燥が幾分マシです。

1Kの場合は加湿器を置くなど、冬場の乾燥対策を万全にする必要があります。

1Rのメリット

1Kと較べて、冬場の乾燥がマシ以外、特にメリットはないような・・

お金に余裕があるなら、1Rよりも1Kを選ぶべきだと思います。

1Rのデメリット

玄関~キッチン部分と居住部屋を仕切るものがないため、玄関を開けると部屋の中がほとんど丸見え状態になります。

夏場と冬場にエアコンを使う場合、玄関部分までエアコンを効かせることになるのがなんとなく無駄な気も。

また居住空間と玄関が近いため、玄関の外の音が聞こえることがあります。

1Rと1Kの違いは意外といい加減

以前内見に行ったとき「1Kだけど仕切りのドアがない物件」がありました(家賃はかなり安かった)。

相場よりも安い家賃で1Kとあった場合、疑った方が良さそうです。

結局のところ違いなんでほとんどないようなものなので、やはり内見は必須です。