フィリピン英語留学の悪いところ

フィリピン英語留学のいいところについて書きましたので、逆に悪いところも書いておきます。

学校紹介サイトなどでは基本「いいこと」しか書いていませんので、実際に行って感じた問題点を共有します。

先生の英語に限界がある

フィリピン人にとって英語は母国語ではありません。

普通に学校で勉強して、そのまま英語を問題なく駆使できるようになっています。

またフィリピンは外国で働く人が多いため(自国より稼げるため)、英語圏の国で働いた経験があり、より英語が上手くなっている人もいます。

セブの現地語は”ビサヤ語(セブアノ語)”ですが、地元の人同士で話すときは現地語で話します。

要するに、英語は普通に話せるがネイティブスピーカーではない、ということです。

例えば「アメリカのドラマとか歌の歌詞で知った、最近よく使われるおしゃれな表現」みたいなのを使っても通じない可能性が高いです。

「ネイティブの生きた英語を学びたい」のであれば、英語圏の国に行った方がよいと思います。

先生の質にばらつきがある

私が通ったCAEAの先生達はみな非常にきちんとしていましたが、中にはそうでない学校もあるようです。

夏休み時期などに急激に生徒数が増える学校の場合、どこから連れてきたのか分からないような講師が混じっているケースも考えられます。

日本語を話す我々全員が「日本語学校の先生」になれる訳ではないのと同様に、

  • 自身が英語を理解している
  • 英語の教え方の教育を受けている
  • 英語講師としての経験がある

この3つの条件を満たしておらず「ただ普通に英語が分かるだけ」の先生に当たってしまうことがないとは言い切れません(特に安さを強調している学校)。

自分の先生が能力不足だと感じた場合は、遠慮せずヘッドティーチャーか管理するスタッフに言いましょう。

また学生時代に文法を真面目に勉強した人は、ほとんどの場合先生よりも詳しいと思います。



生徒の問題

超短期でも入学が可能なため、勉強よりも単に遊びに来ているだけの生徒もいるようです。

また全員が「短期間で英語が上手くなりたい」と思っているわけでもなく、例えばリタイア後に趣味とリラックスを兼ねて来ているような人は、逆に長時間かけてゆっくり勉強したい、と思っていることでしょう(それもフィリピン英語留学のメリットです)。

周りに流されず、自分の目標をしっかり持つことが重要になります。

自分も他人も短期間しかそこにいないので、あまり「付き合い」みたいなのに振り回されない方がよいです。

自分にとって不要な付き合いであれば、きちんと断りましょう。

治安の問題

フィリピンの治安については書くことが多いので別記事でアップする予定ですが、

日本でやらないことはフィリピンでもやらない

を意識するだけでもリスク回避できるかと思います。

例えあなたがギリギリのお金で留学している貧乏学生だったとしても、フィリピン人からは日本人というだけで金持ちに見えます。

道を歩いているだけでスリやひったくりのターゲットになってしまうのです。

まずは危険な目に遭わないようにすること(夜に一人歩きをするとか)、次に危険な目に遭った時にどうやってリスクを最小限に抑えるか、は常に意識しておく必要があります。

治安とか衛生状態については、留学というよりフィリピン自体の問題になるので、この記事ではここまでにしておきます。