フィリピン英語には訛りがある

セブ島英語留学から3年後、再びフィリピンに旅行に行きました。久しぶりのフィリピンで感じたこと。

フィリピン英語留学のサイトを見ているとよく

「フィリピン人はキレイな英語を話すので留学先としてオススメ」

と言った記述を見かけます。

ですが、実際のところフィリピン人話す英語は

結構訛ってます。

確かにフィリピンでの英語通用度は高く、普通に旅行で行った場合「フィリピン人は全員英語が話せる」といった感想を持つかと思います。

実際は話せない人も結構いるのですが、そういった人たちと外国人が接する機会はあまりないでしょう。

また中には出稼ぎで過去に英語圏での生活が長く、ネイティブ並みの発音の人もいます。

まともな英語学校ならちゃんとした英語が話せる講師のみを採用していると思いますが、普通にその辺にいる人の英語は「結構怪しい」ことも多いです。

フィリピン人が英語が話せる仕組み

今回の旅行でフィリピン人から「なぜ日本人は英語が話せないの?」とストレートに聞かれたことがありましたが、

  • 日本人からすると、なぜフィリピン人は英語が話せるのか
  • フィリピン人からすると、なぜ日本人は英語が話せないのか

お互い疑問に思っている状況となっています。



小学校から授業は全て英語(タガログ語の授業以外)

小学校に入ると、フィリピンの公用語であるタガログ語の授業以外は、全て英語でやるそうです。

但し、こういう学校は地元の人からすると「授業料が高い」そうで、貧しい人たちは子供をそういった学校に入れることができず、この段階で将来の英語力に差が付くことになります。

よってフィリピンでは、英語が下手だとイコール家が貧しい(育ちが悪い)、という単純な図式が成り立ちます。

なおセブ島で人々が普通に話している現地語はタガログ語ではなく、ビサヤ語またはセブアノ語と言われる言葉です。

※タガログ語は首都マニラのあるルソン島だけで使われている言葉です

要するにセブ島の子供は、普段自分たちが話している言葉は「学校では習わない」のです。

口伝えで伝承されている、というイメージでしょうか。

なので現地語は、同じ単語でも人によって解釈がまちまちだったり、ということが起こります。

フィリピン英語の訛り

フィリピン人は小学校からの学校教育で英語が話せるようになっていますので、やはり普段話す現地語からの影響は避けられず、しばらく聞いていると訛りがあることが分かります。

例えば

expensive (高価な)

は正しくはpにアクセントがありますが、フィリピン人はsにアクセントを置く人が多いです。

またよく聞く

Good afternoon.

は、頭のGではなく、aとnoonを強めに発音するのをよく聞きます。

 ぬー

という感じでしょうか。

フィリピン留学でフィリピン訛りの英語になりたくない!という人はネイティブの教材も合わせて学習する必要があるかと思います。