フィリピン人の食事スタイル

フィリピン(セブ)で現地の人と食事をすると、日本との違いに驚かされます。

日本では居酒屋などで、

「料理を食べながらお酒を飲み、だらだら2時間ぐらい話をする」

ことが多いですが、フィリピン人はこういう飲み方をしないようです。

またお酒を提供するレストランなどで、最初に飲み物のオーダーを取って料理はあとから注文、という感覚もありません。

日本だと先に飲み物(お酒)が来て、飲みながら待っていると料理が出てくるスタイルですが、これもフィリピンだとちょっと違います。

なのでお酒を料理と一緒に(さんざん待たされた後に)持ってきたり、ひどい時は料理よりも後に持ってきたりしますので、先に飲み物が欲しい場合はそう伝えた方が無難です。

食事中はお酒を飲まない?

現地の人の食事スタイルを見ると、食事をしながらお酒を飲みつつ、ではなく

一気に食べて一気に飲む。

まず食事を一気に食べて、食べ終わったらビールを一気に飲む感じです。

なのでレストランでの夕食でも、食事時間は比較的短めです。

もしかしたら私の知り合いだけかもしれませんが、彼らと食事をするとペースが全く違います。



そもそもお酒をあまり飲まない?

夕食時のレストランで現地人のグループを見ると、お酒を飲んでいる人は少数派です。

現地人しか行かないような(汚い)バーベキュー屋でも、お酒を置いていない所がありました。

じゃあ何を飲んでいるかというと、圧倒的に「スプライト」が多いです。

日本ではあまりメジャーではないスプライトですが、セブではよく飲まれています。

あとはコーラを飲んでいる人も多く、スプライトかコーラの二択、という感じです。

セブのラーシャン(屋台村のような所)に行ったとき、生後数か月ぐらいの赤ん坊がコーラを飲んでいて驚いたことがあります。

基本は手づかみ

高級なレストランは別ですが、普通に現地の人が行くような店なら「手づかみで食べる」スタイルも多いです。

最近はどこでもビニールの手袋をくれるようになりましたが、昔はそのまま手で食べていました。

そういう店はどこでも必ず手を洗う場所が用意されていますので、食後は手をキレイに洗えば問題なし、ということのようです。

いっぱい頼んで残す

フィリピンに限らず、東南アジアでは

余った料理の持ち帰り

は普通です。

店員も当たり前のように、残った料理をビニールに入れてくれます。

どう考えてもこんなの持ち帰れないだろ、という物(スープなど液体)でも、見事に持ち帰りにしてくれます。

たまにビニールに穴が開いていてスープが漏れることがありますが、まぁこの辺りはフィリピンスタイルということで。