フィリピンの乗り合いバス(ジプニー)

フィリピンで庶民の足と言えば、なんと言っても「ジプニー」と呼ばれる乗り合いバスになります。

※地域により事情が変わるかと思いますので、主にセブでの話となります。

なおジプニーに限らず「フィリピンで現地の人が利用する移動手段」を外国人が利用するのは、基本的にはオススメしません。

現地に慣れた人と一緒に利用するか、普通に移動するだけならタクシーをオススメします。

ルートは?

車体をよく見ると、番号と行き先が書かれています。

昼間なら読み取ることが可能ですが、夜暗い中で読み取る現地の人の視力はすごいな、といつも思います。

街中を闇雲に走っている訳ではなく、基本決められたルートを走ります。

ただし中にはチャーターだったり個人持ちだったり、人を乗せずにただ移動中だったりすることもあるので、どれにでも乗ってよい訳ではないです。

料金は?

行くたびに料金が変わっていたりしますが、大体日本円で20円ぐらいでしょうか(最新情報は現地で確認してください)。

「料金を客同士で手渡ししてバケツリレー方式でドライバーに払うシステム」なので、その時に手渡されたコインで料金が分かったりはしますが。

ちなみにおつりも、同じくバケツリレー方式で受け取ることになります。



降りたい時

  • 誰かが降りる時に一緒に降りる
  • 自分で降りる意思表示をする

のどちらかですが、目的地の少し手前で停車した場合は、他の人と一緒に降りてしまう方が楽です。

意思表示をする場合は言葉で伝えるか、手すりなど鉄の部分をコインでカンカン叩きますが、すぐに停まってくれるかどうかは分かりません(停車できない場所など)。

または信号が赤で停まっている時に降りてしまうのもありですが、その場合は周りの状況をよく確認してください。

タイミングが悪いと急に発車されたりして危ないです。

その場合はコインでカンカン叩いてから降りると、ドライバーに降りることを伝えることができます。

外国人が乗っても危なくないか

と聞かれたら「危ないからやめといた方がいい」となります。

地元の人たちの生活を知るにはいい経験になりますが、一人とか慣れていない者同士で乗るのは、色んな意味でリスクが高いです。

現地の人か、現地に慣れている人と一緒に利用した方がよいでしょう。

また朝夕のラッシュ時には超満員になりますので、あまり乗る気も起きないと思います。

あとジプニーは比較的歩道に近いところを走ることがありますので、歩いている時も後ろから来たジプニーにぶつけられないよう、注意が必要です。

なんとなくの印象ですが、地元の人も好き好んでジプニーに乗っている訳ではなく「安いし他に移動手段がないから」という理由で利用していると思います。

現地のお金持ちはタクシーかマイカーで移動します。

そういうところに外国人観光客が興味本位で乗り込んでいくのは、あまり良いイメージがありません。