フィリピンのシシグという料理

フィリピンの代表的料理としてよく紹介されているものに、シシグ(sisig)というものがあります。

一般的なイメージは

  • 豚の肉や内臓の切れ端を細かく刻んだものに、玉ねぎを混ぜて焼いたものに
  • 半熟の目玉焼きを乗せて
  • 熱々の鉄板で提供される
  • お好みでカラマンシーを絞る

料理かと思います。

お味は?

かなり濃い味付けで脂っぽいので、ビールとかご飯に合う、と言われることが多いです。

個人的にはご飯のおかずというよりは、ビールのつまみにピッタリのイメージです。

一人で一人前を全部食べるとかなりしつこいので、数人でシェアして食べるのが良いでしょう。

カラマンシーを絞るとさっぱりします。

具材や味はかなりまちまち

店により使われている具材や味付けにかなり違いがあります。

かなり辛い時もありました。

目玉焼きも固めだったりほとんど生だったり、ずいぶん差があります。

肉はほとんどの場合豚肉ですが、内臓は使ってなかったり逆に内臓がほとんどだったりします。

野菜が多めだったり肉ばっかりだったり、という違いもあります。



豚肉以外のシシグ

以前レストランで「エビのシシグ」というのがあったので注文したところ、ほとんどエビチリ?のようなものが出てきたことがあります。

豚肉のシシグのエビを使ったバージョンかと思っていましたが、想像とまったく違うものが出来てきました。

シシグの語源は知りませんが、細かい具材を混ぜて焼いたもの?なのでしょうか。

その時は鉄板ではなく、ただのお皿で出てきた記憶があります。

缶詰も売っています

スーパーに行くとシシグの缶詰が売っています。

日本でも食べようと、買って帰って作ってみたのですが・・・

ハッキリ言ってマズイです。

臭いもアレだし、見た目も。。

一番近いのはキャットフードでしょうか。

#キャットフードの方がまだ美味しそうな気も。

またはコンビーフと言えなくもないですが、なにせ臭いが。。

缶詰のシシグはズバリ、オススメしません。

ちゃんとしたフィリピン料理のレストランで食べた方がよいです。

あとシシグに限らずフィリピンの肉料理はカロリー高めのものが多いので、食べすぎには注意!でしょうか。