フィリピンに行ったら食べないと損!なフルーツ

日本で買うと高い南国フルーツも、フィリピンなら格安で味わうことができます。

記事の画像は”ランブータン”ですが、フィリピンならどこでも安く手に入ります。

ランブータン

セブのダウンタウンの露店で買いました。

値段は重さでいくらと書いてありますので、ボラれることはありません。

見た目がライチっぽい?ですが、味も比較的近いかと思います。

ただこのランブータン、非常に食べにくいフルーツです。。

そのままガブリと食べられるかと思いきや、中に種があって種の周りには渋皮があり、丸かじりすると口の中に渋皮が残って不快な思いをします。

上手な食べ方を模索しましたが、少しずつ前歯でかじっていって、渋皮を破らないように食べる、がベストのようです。

マンゴー

セブと言えばマンゴーですね。

日本で買うのと比べると格安で買うことができます。

グアムとか香港のお土産でもらうドライマンゴーも、生産国を見るとフィリピン・セブだったりします。

ただ不思議なことに、何故かホテルの朝のビュッフェで見たことがありません。



マンゴスチン

個人的に一番のお気に入りはマンゴスチンです。

フルーツスタンドだとマンゴーと値段は同じぐらいですが、こっちの方が食べられない部分の重量がそれなりにあるため、グラム売りだとちょっと割高かもしれません。

食べ方ですが、親指の爪で真ん中部分に横に切れ目を入れ、あとは上下を押さえて捻るとパカッと割れます。

一つ注意点があって、部屋のベッドの上で食べるのは避けた方がよいです。

色素がシーツなどに付くと洗っても落ちないようなので、ホテルからお金を請求される恐れがあります。

服に付いても落ちないので、食べる時にはそれなりに注意が必要です。

その他

ドリアン

よく見かけます。

未だチャレンジしたことはありませんが、お好きな方はどうぞ。

スーパーに行くと、少量をパックしたものが売られています。

ジャックフルーツ

道端に巨大なジャックフルーツがどーんと置かれているのを目にします。

あまり美味しそうではないのでチャレンジしたことはありません。

なんとなく大味な印象です。

バナナ

これは言うまでもないですが、フィリピンと言えばバナナですね。

日本で見かけるものよりも、小ぶりな物が多いようです。

アップルマンゴー

マンゴーというよりはリンゴに近い食感です。

フルーツスタンドで見かけます。

ランソネス

時期によるかもしれませんが、道端で売っているのをよく見かけます。

日本に似た果物がないので表現が難しいですが、柑橘類の一種?

特に癖もなく食べやすい味で、値段も安かった記憶があります。

 

紹介した以外にもなかなか日本では口にすることができないフルーツがたくさんありますので、フルーツ好きな人は色々チャンレジしてみてはいかかでしょうか。