ドンムアン空港からエアアジア国際線搭乗

ドンムアン空港からラオスのビエンチャンまで、国際線を利用したときの記録です。

前回ドンムアン空港国際線を利用したときはチェックインカウンター手前のセキュリティチェックでかなり待たされたので、念のため3時間前に着くようにホテルをチェックアウト。

着いたらやはり、前回と同じ場所に長蛇の列が。。覚悟して並ぶ。

しかし列が全く動かない。

10分ほどしてやっと少し動く。

がどうも様子がおかしい。

少しずつ列が動くのではなく、しばらく待つとどっと進む感じ。

改めて前方を見ると、セキュリティチェックの機械がない。

どうやら、単に中国の団体がチェックインする列に並んでしまった模様。

20分損した。。

改めてエアアジアのカウンターに向かうと、なんとガラガラ。

5分ほどであっさり終了。時間を持て余すことに。

空港で異なるエアアジアのチェックイン

受託荷物あり、Webチェックイン済みのパターンです。

国内線と国際線で異なるのかもしれませんが、

パターン1 成田からの国際線搭乗時

  • 事前にWebチェックインすると搭乗券が発行される
  • 空港にある機械で、自分で荷物用タグを発行する
  • 自分でタグをスーツケースに付け、受託荷物用カウンターに預ける

パターン2 タイ国内線搭乗時

確か成田の時と同じ。

チェンマイからバンコクまで乗るときは、なぜか自分で付けたタグを引きちぎられ、新たに係員が発行したタグを付けられる。



パターン3 タイのドンムアン空港から国際線搭乗時

  • Webチェックインしても搭乗券が発行されない
  • 普通にカウンターでチェックインすると搭乗券が発行される
  • 荷物は別のカウンターに預ける

エアアジアに乗るならスマホアプリが便利

成田からタイまで行くときは搭乗券をプリントアウトしていきましたが、それ以降はスマホアプリだけで搭乗できています。

訪れた国でSIMを購入しない場合は、ホテルのwifiで画面を表示させておいて、バックグラウンドで起動した状態にしておけばペーパーレスでいけます。

間違ってアプリを落としてしまわないように注意が必要ですが。

エアアジア ドンムアン→ビエンチャン便の感想

ラッキーなことに通路側の席(座席は3列+3列タイプ)。

さらに隣と窓際も空席という奇跡がおきました。

機内はほとんど埋まっていたので、多分2席空席だったのはここだけだと思います。

この状態なら多少長時間でも耐えられるな・・などと思いつつ、1時間であっさりビエンチャンに到着。