トレードでやってはいけないこと:少額トレード

トレードは「少額でやること」というのが一般的ですが。。

トレードで失敗しないため、最初のうちは少額でやること、とよく言われます。

初心者のうちは当然、少額でトレードすべきです。

自分の手法が確立しないうちは少額でトレードし、優位性のある手法を探すしかありません。

手法探しはデモトレードでもできますが、例え少額でも実際のお金を使ってやるほうが「身に染みる」度合いが違いますので、より学習効果が高いでしょう。

どうしても「自分のお金が減る」という実感がないと、トレードもいい加減なものになってしまいます。

ただ自分なりの手法・ルールが確立した後は、いつまでも「少額トレード」をやっていると、そこから先の領域には行けません。

痛みを伴わないトレードでは成長しない

1万円を10万円にするのと、100万円を1000万円にするのでは、倍率で言えば同じ「10倍」ですが、実際は単純ではありません。

1万円で始めたトレードが10万円になったからと言って「資金を10倍にできる」ということにはなりません。

トレードでお金を増やすには一直線に資金が増えることはなく、勝ったり負けたりしながら最終的にトータルでプラスになるイメージです。

1万円を10万円にするまでの過程では、たまにはマイナス1万円ぐらいになる日もあるでしょう。

100万円を1000万円にするためには、たまに「マイナス100万円」になる日があるかもしれません。

たった一日で「マイナス100万円」という事実に耐えられるメンタルが出来ているでしょうか?



ごく普通の人が自分の許容量を超えた金額でトレードを始めると、メンタル的に耐えきれずにルールに従った取引ができなくなります。

トレードで勝つためにはルールを厳守することが絶対的に必要ですが、メンタルが狂い始めるとルールから外れたトレードをやるようになります。

そして間違いなく、最後は自滅します。

資金は徐々に増やしていくこと

「一日にどれぐらいのマイナスまで耐えられるか?」に対する答えが、今あなたが可能なトレードの範囲と言えます。

言い換えれば「儲けられるお金の範囲」です。

FXであればほぼ24時間チャートが動いているので「含み損が不安で夜中に起きてチャートを見てしまう」ようであれば、許容範囲を完全に超えています。

仮に寝る前の時点で100万円の含み損があっても、それが正しいルールに則ったポジションであれば、気にせずぐっすり眠れるはずです。

そういうメンタルを身に付けるためには、徐々に金額を増やしていって、自身のメンタルを鍛えていくしかありません。