トレードでやってはいけないこと:ナンピン

ナンピン(難平)は、相場が自分が思った方向とは逆に行ったときにさらに買い増しする(ポジションを増やす)行為です。

※「戦略的ナンピン」という手法もありますが、ここでは触れません

分かりやすく株式の取引(現物買い)を例にします。

A社の株価が現在1000円で、あなたは株価が1200円まで上がると予想します。

まず1000円で100株買いました。

ところが予想に反して株価が900円になりました。

「いずれ1200円まで上がるだろう、今買い増しすれば上がった時にさらに儲けられる」と思い、900円でまた100株買いました。

ところがさらに800円まで下がりました。

「どうせすぐ戻るだろう、ここで売ったら損だ」と思い、さらに800円で100株買いました。

ところがさらに・・・という繰り返しで結局損をする、というパターンです。

上記の例はまだ可愛いほうで、株価が下がるにつれて買う株数を増やすという行為をするとさらに悲惨な結果になります。

なぜこういう行動をしてしまうかと言うと、

  • 1000円で100株、900円で100株買うと平均購入価格が950円になって、最初の1000円で買ったときよりは割安で買えた(ように見える)
  • 予想通り株価が上がれば儲けが大きくなる

と思ってしまうからです。

株で損をする人の、典型的パターンの一つです。

こうならないためにはどうするべきか

株を買う前に、戦略を決める

「現在1000円のA社の株が1200円まで上がりそうだ」と思ったら、逆に

どこまで下がったら撤退(損切)するか

も同時に考えなくてはいけません。

例えば

  • 1200円まで上がったら利益を確定する
  • 800円まで下がったら損切して損失を確定させる

と決めたら、1000円で株を買った後もこのプランを絶対変えないことが重要です。

損失を早めに確定して資金を残せば、またチャレンジできます。

上記の例で、その会社が倒産して株価が1円になったら全てを失います。



実際は難しい

当初のプランを変えないこと、と頭では分かっていても、実際これができるようになるまでには経験が必要です。

初心者の頃からこれが出来る人は、相場で生きていける人でしょう。

人間誰しも損するのは嫌なので、株を買った時は儲けることしか考えませんが、いざ損失が出始めると

損するのは嫌なので相場が戻るまでちょっと待とう

という感情が必ず湧いてきます。

その後たまたま相場が反転して価格が戻ると

やはりあの時慌てて売らなくて良かった、自分は正しかった

と絶対思いますが、たまたまです。

この「たまたま」が数回続くと

「値段が下がっても慌てて売るのは損」

「ちょっと待ってれば値段は必ず戻ってくる」

「自分は天才かも?」

などと思うようになりまずが、近い将来必ず大やけどをすることになります。

「最初のプランを守っていれば・・」

「あの時早く損切しておけば・・」

と、後悔する時が必ず来ます。

では、どうするべきか

  • 株を買う(ポジションを持つ)前に、利食い、損切のタイミングを決める
  • ポジションを持ったら当初のプランを変更しない

できればポジションを持つと同時にOCO注文(指値、逆指値を同時に発注)を入れておくことでルールを確実に実行できます。

注文を入れた後に変更したくなっても、絶対に変更してはいけません。

逆方向に動いた場合は当初の戦略が間違っていたことになるので、一旦撤退し、また新たに取引を考えれば済むだけの話です。