トレードでやってはいけないこと:デモトレード

FXなどで「デモトレード」がありますが、、

ほとんどのFX会社で、本物のお金を使わず、実際の相場を見ながら架空のお金で取引きできる「デモトレード」の環境を提供しています。

初心者はまずデモトレードでしばらくやってみて、勝てるようになったら実際の取引をするように、というのがよく言われていることです。

しばらくデモトレードをしてみてある程度利益が出たので「よし、FXで稼げる」と本物のお金を使ってやってみたところ、全く稼げず損した、というのはよく聞く話です。

デモトレードと実際のトレードは違う

実際の相場を相手にトレードと言っても、まず取引環境面で違いがあります。

よく言われるのは「スプレッドが実際よりも狭い」でしょうか。

スプレッドに関しては、数多くトレードをすると地味に効いてきます。

「架空のお金」であればたいして気になりませんが、実際のお金だとトータルのトレード結果に影響します。

架空のお金は減っても痛くない

架空のお金でトレードしている時は、負けても別に実際のお金が無くなる訳ではないので、たいして痛みを感じません。

手持ちの”架空のお金”が1万円減ったところで、別に何も感じずに次のトレードに取り掛かれるでしょう。

これが実際のお金で1万円負けると、精神面に色々な影響を及ぼします。

「1万円あれば欲しかったあれが買えたのに」

「こんなことで1万円失うぐらいなら美味しい物が食べられたのに」

「給料の一日分が無くなってしまった」

こうなると平静ではいられなくなり「負けを取り戻したい」という気持ちから、無茶なトレードをしてさらに損を重ねることになります。



デモトレードで利益が出ても意味がない

デモトレードは、やってみて利益が出せるかどうかではなく、あくまで

操作方法を覚えるため

のものです。

デモトレードで利益が出たからと言って、実際のお金を使っても利益が出せる保証はありません。

トレードで利益が出せるようになるためには、実際のお金を使う以外ありません。

ただし、いきなり大金を使うのは無謀です。

万が一無くなっても生活に影響を及ぼさない程度で、かつ負けた場合に「ある程度痛みを感じる」金額を使ってトレードを重ねる以外、上手くなる方法はありません。

よく「授業料」と言ったりしますが、成功しているトレーダーは漏れなく「相場で失敗した痛み」を経験しています。

失敗を経験し、失敗から学んでトレーダーとして成長していく以外、成功する道はありません。