テフロン加工のフライパンを長持ちさせる

フライパンを買ったので、長持ちさせる方法を調べてみました。

買ったのは、ニトリの800円ぐらいのフライパン。24cmの深型です。

安いから使い捨て?どうせなら長持ちさせようと、テフロン加工のフライパンを使う上での注意点を調べました。

空焚きしない

本体の説明書にも「30秒以上空焚きしないこと」書いてあります。

最近ではよく「弱火調理」が話題になったりしますが、自分が炒め物で使う時は

  1. まず材料を入れ、油を回しかける
  2. コンロをONにして弱火にする

という方法にしています。

火が直接フライパンに触れないようにする

この時の弱火ですが「火の先がフライパンに付かない程度」が目安です。

直接火がフライパンにあたると、劣化させる原因となるようです。

鉄やアルミなど金属のヘラを使わない

これはイメージしやすいですが、金属のヘラを使うと表面が傷ついて、テフロン加工がはげてしまいます。

木製やシリコンのヘラを使う方が良いです。

金属製のヘラは鉄のフライパン用なので、表面が加工されたフライパンに使うのは避けましょう。



熱いまま水に漬けない

冷めると油汚れが落ちにくくなるため、使った後の熱いうちに水張っておく、はNGです。

今まで無意識によくやってましたが、これもテフロン加工を劣化させる原因となるようです。

水を入れる(または水に漬ける)のは、フライパンが十分冷めたことを確認してからにします。

調理後はなるべくすぐに洗う

食べ物を長時間フライパンに入れっぱなしにするのもNGのようです。

調理した後は油などが残った状態なので、フライパンが冷めたらなるべく早くキッチンペーパーで一通りキレイにしておくようにしています。

研磨材入りのスポンジで洗わない

よくある緑と黄色のスポンジだと、固い緑の方で洗わないようにします。

黄色の柔らかいほうで洗うようにしています。

汚れが染みつく前にキッチンペーパーで拭いてあるので、そんなにゴシゴシ洗う必要がありません。

洗ったら速やかに拭く

表面に水分が残ったままにせず、すぐふきんで拭きます。

またすぐにしまわず、しばらく乾燥させるようにしています。

しまう時も一応注意

よくしまうときは他のフライパンや鍋などと重ねたりしますが、表面を傷つける可能性があるので注意が必要です。

とこれまで書いたことを注意しながら使っていますが、今のところはまだ新品の状態を保っています(まだ買ってから1か月ほどですが)。