タイ料理は簡単に作れる

タイ料理は意外と簡単に作ることができます。

※ちなみに写真のガパオは自分で作ったものではありません。バンコクの屋台のものです。

日本のタイ料理屋で食べると意外と高い!

タイの屋台で食べれば150円程度のものが1000円近くとか。

もちろん種類によりますが、タイ料理は思ったよりもずっと簡単に自分で作れます。

タイ料理と言えば「辛い」「酸っぱい」「甘い」が絡み合った独特の味ですが、原理は単純で

  • 辛さ → 唐辛子
  • 酸っぱさ → レモン汁
  • 甘さ → 砂糖

と、特別な調味料がなくても家にあるものでなんとかなります。

これだけは必須と言えるのは「ナンプラー(魚から作った醤油)」ぐらいでしょうか。

代表的なものをいくつか。

ガパオライス

ガパオ=バジルのことですが、日本ではすっかり「タイ風ひき肉炒め」となってしまっています。

必要なのは

  • ひき肉(鶏または豚)
  • ナンプラー
  • オイスターソース
  • 唐辛子
  • 砂糖
  • バジル(なければ他の野菜)

があれば、それっぽく作れてしまいます。

作り方も簡単で、

  1. 唐辛子を油で炒めて香りを出す
  2. ひき肉を炒める
  3. バジル(野菜)を炒める
  4. 味付け

以上で完成。5分もかかりません。

4.の味付けは、事前にナンプラー、オイスターソース、砂糖を混ぜておいて、それをかけるだけです。

各調味料のバランスはお好みですが、ナンプラーとオイスターソースを1対1、砂糖は甘くなり過ぎない程度、と適当です。

野菜はバジルの他、パプリカ、インゲン、ニンジンなどがよく使われるようです。



グリーンカレー

必要なのは

  • グリーンカレーペースト
  • ココナッツミルク(缶または粉末)
  • 鶏むね肉
  • ナス
  • タケノコの水煮

です。

グリーンカレーペーストさえあれば簡単に作れます。

ココナッツミルクの代わりに牛乳を使ったこともありますが、あっさりしすぎてしまいあまり美味しくありませんでした。

ココナッツミルクは粉末よりも缶(たまに紙パックもある)の方が断然美味しくできますが、粉末でも牛乳で作るよりはずっとマシです。

作り方は簡単で、基本は

  1. カレーペーストをココナッツミルクで溶かす
  2. 鶏肉、なす、タケノコを入れて煮込む

だけで完了。

仕上げにナンプラーをちょっと入れるとさらに美味しくなります。

グリーンカレーペーストは、最近では輸入食材店などで簡単に手に入ります。