セブ島旅行は危険?

旅行でセブ島へ行くのは危険なのでしょうか?

つい先日も「セブ島で日本人が銃撃され死亡」というニュースがありました。

セブ島があるのはフィリピンなので、ある年代の人には「フィリピン=危険」というイメージが未だにあるようです。

個人的に東南アジアで一番治安が悪いのは、国単位で考えれば圧倒的に”フィリピン”だと思います。

ただしセブに関して言えば、比較的治安は悪くありません(良くはない)。

実際「セブ英語留学」などが成立していますので、学生が行っても危険な目に合うことはほとんどないでしょう。

セブに限らずフィリピンで日本人が被害に合うケースは、旅行者ではなく「現地に滞在している日本人」が圧倒的に多いです。

ほとんどがビジネスがらみで、相手は同業者または従業員というパターンです。

セブに普通に旅行で行って事件に巻き込まれるケースは稀です。

もしなにかあれば、それは特にセブでなくても、日本にいても遭遇するレベルのことです。

日本と同じ感覚では危ない

フィリピンは途上国で、先進国ではありません。

日本での常識は通用しません。

ハワイやグアムに行くのと同じ感覚だと危ういです。

基本的には治安が良くないことを認識し、それを前提に行動すれば、特に危ない目に合うことはないでしょう。



日本でやらないことはやらない

旅行者が事件に巻き込まれるケースとして「普段日本でやらないことを、海外でやってしまう」が原因の一つにあります。

  • 知らない人に声をかけられて付いていく
  • 夜遅くまで出歩く
  • 日本では行かないのに、クラブなどナイトスポットに行く

など、旅の開放感からハメを外したくなる気持ちも分かりますが、これでは自分からトラブルに巻き込まれにいっているようなものです。

特に日本語で話しかけてくる相手には注意が必要です。

普通にしていればまず大丈夫

日本より治安が悪いことを認識しつつ、常識の範囲内で行動していればまず大丈夫です。

ただし日本と同じ感覚だと危ないです。

日本で普段やる行動で例を挙げると、

  • 街中でスマホをいじる
  • イヤホンを付けたまま歩く
  • カバンを普通に持つ
  • 女性が肌を露出した服を着る
  • 長財布を後ろポケットにつっこむ
  • ネックレスなどアクセサリーを付ける
  • 大金を持ち歩く

これらは全て「現地では非常識」なことになり、狙われます。

日本人はただでさえ狙われるので、目立つ行動は控えるべきです。

トラブルに遭うことを想定しておく

事前にトラブルを避けるよう振る舞うことはもちろんですが、万が一トラブルに遭った場合にどう対処するか、も考えておいた方がよいです。

お金は小分けにしてポケットに分散しておく、いざと言うときの連絡先を控えておく、なども「トラブルを想定した行動」の一つと言えるでしょう。