セブ島旅行の注意点

セブ島というと「海がキレイなアジアンリゾート」というイメージがあるかと思いますが。。

セブがあるのはフィリピンです。

「東南アジア最悪の都市」である首都マニラほどではありませんが、日本と同じ感覚でいると思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。

せっかく楽しい旅行に行くのに、トラブルに遭ってしまうと台無しです。

危険な目に合わないために、いくつかアドバイスを書いてみます。

子供に注意

街を歩いていて子供達が寄ってきたら、注意してください。

あなたのポケットに入っている、スマホか財布を狙っています。

足早にその場を立ち去るようにしましょう。

アクセサリーは付けない

ネックレス、ピアスなど付けていると、すれ違いざまに引きちぎられて、奪われることがあります。

盗まれるだけでなく怪我をさせられることになるので、アクセサリー類は付けないに越したことはありません。

ショルダーバッグはたすき掛け、カバンは歩道側へ

これはよく言われる話ですが、バイクによるひったくり防止です。

あとこれもまたよく言われますが、万が一ひったくりにあった場合、素早くカバンを体から離すことが重要です。

抵抗するとそのまま引きずられて大けがをする可能性がありますので。

セブの場合だとそもそもカバンを持たないのが一番いいのですが、女性だとそれもなかなか難しいかと思います。

小さめのショルダーにして、カバンは体の正面、が一番安全です。



人前でスマホは出さない

レストランやショッピングモールの中ならそれほど心配することはありませんが、外を歩く時はスマホを出さない方がよいです。

特にiphoneは狙われます。

iphoneを一つ盗めば年収分になる、という人がたくさんいる国だということを意識してください。

人前で財布の中身を見せない

これはショッピングモールの中でも油断してはいけません。外ならなおさらです。

後をつけられて、エスカレーターなどで財布をすられるのもよくある話です。

なおエスカレーターですが、妙に近くに立つ現地人がいたらスリの可能性がありますので、注意してください。

乗り物で寝ない

これは基本ですね。電車で寝ても何も起きないのは日本ぐらいじゃないでしょうか。

ちなみに、セブに電車はありません。

初セブでジプニーに乗る人はまずいないと思いますが、もし乗ったら寝ないように。

タクシーも同様です。

街中でガイドブックを出さない

よく見かける光景ですが、誰に目を付けられるか分かりません。

なるべく旅行者の雰囲気を出さないことが、危険な目に合わないコツです。

話かけられたら、英語が分からないフリをしましょう

向こうから寄ってくるのはロクな人間ではありません。

無視してください。