セブマンゴーストリートの治安

セブ島の繁華街「マンゴーストリート」の治安について書いてみます。

マンゴーストリートとは

セブシティの中心的なロータリー「オスメニャサークル」(またはフェンテオスメーニャ、地元に人には「フエンテ」で通じます)から東に延びた大通りです。

「マンゴーストリート」という名前から受けるイメージと違って、夜の繁華街です。

#マンゴーやフルーツがたくさん売っているとかはありません、単なる通りの名前です

必ずしも男性向けという訳ではなく、若者が集まるディスコやバーなどが集まるエリアです(男性向けエリアもあり)。

昼間の治安

交通量の多い大通りというだけで、人通りもほとんどありません。

中ほどに「fooda」という安いスーパーがある以外、特になにもありません。

一人で歩いても危ないことはないです。

夜の治安:ロータリー(フェンテ)近く

ビキニバー(ゴーゴーバー)の客引きが声をかけてきます。

彼らは店のスタッフなどではなく、歩いて数10メートルの距離を案内してマージンを取ろうとするヤカラですので、無視してください。

たまにしつこい奴がいますが、基本的には断ると引き下がります。

「ビキニバーに行く」などと言うとずっと付いて来ますので、無視でokです。



夜の治安:ディスコエリア

ロータリーからしばらく歩くと、ディスコやレストラン、バーなどが集まるエリアになります。

日本のラーメン屋もあります。

週末になると若者で溢れる活気あるエリアですが、平日はそうでもありません。

レストランが多いので、ディナーにも便利なエリアです。

夜でも人が多いので治安が悪い感じはあまりしませんが、週末は客同士のケンカも結構あるとか。

ディスコは店によって客層が異なるようなので、興味のある人は色々回ってみるのもいいでしょう。

このエリアより東はゴーゴーバーぐらいしかないので、女性ならここから先に行っても意味がないかと思います。

夜の治安:ディスコエリアより先

この辺りから明かりも人通りも少なくなるため、治安的には悪くなります。

最も気を付けなくてはいけないのが「ストリートチルドレン」です。

スーパー「fooda」の周辺にいますので、子供たちがいたら距離を置くようにしてください。

「チルドレン」より少し年齢層の高いタチの悪そうな連中もいますので、とにかく近寄らないのが安全です。

夜の治安:ゴーゴーバーエリア

よく分からない客引きや物乞い、ストリートチルドレンなどが多いエリアでもあります。

危険を感じたらゴーゴーバーのガードマンに助けを求めるのが一番です。

またこの辺りから帰る場合、徒歩ではなくタクシーの方が無難です。

夜の治安:ゴーゴーバーエリアより東

ジョリビーを越えると、そこから先はなにもないエリアになります。

わざわざ行く必要はないでしょう。