セブでタクシーに乗る時の注意点

日本だと高いタクシーも、セブなら格安で利用できます。が色々注意すべき点が。

タクシーに乗ると運転手がメーターをスタートさせ、目的地に着いたらメーターに表示された金額を払う。というのはむしろ

「日本の常識は世界の非常識」

の最たるものかと思います。

特にセブ(フィリピン)のような途上国だと、すんなりいかないことが多いです。

セブのタクシーはとても安い

初乗り料金はちょこちょこ上がったりするのでここでは書きませんが、とにかく日本の感覚からするとかなり安いです(以前は数十円、今は初乗り100円ぐらいのようです)。

安いということはドライバーはそれなりの低賃金なので、あの手この手でボってきます。

セブシティのドライバーはかなり良くなった

最近セブシティでタクシーに乗ると、普通にメーターをスタートさせるドライバーが多くなった気がします。

たまに忘れてるのか意図的なのかそのまま走り出すドライバーもいますが

Meter , please.

でほとんど大丈夫です(近距離の場合)。

セブシティの中を移動するなら、タクシーは安くて非常に便利な交通手段です。

とは言っても女性が夜に一人で利用するのは、やはり避けた方がよいでしょう。



マクタン島ではまずメーターで乗れない

セブシティと違って、マクタン島だと未だタクシー事情は悪いです。

まずそもそもマクタン島内を流しているタクシー自体が非常に少ない、というのがあります(地元の人が利用しないため)。

運よく見つけてもメーターで乗るのはまず無理で、交渉になります。

行き先にもよりますが、マクタン島でタクシーを捕まえるのはほとんどがセブシティに行く時かと思いますので、相場が分からない場合は相手の言い値ではなく

メーター + 100ペソ

で交渉してみましょう。

ここで頑張ってメーター+50ペソにしたところで、差額は日本円でたかだか100円程度です。

メーター+100ペソで嫌がるドライバーならロクな奴じゃないので、別のタクシーを探した方がよいです。

セブシティからマクタン島は、結構面倒

セブシティからマクタン島のリゾートエリアに行く場合、メーターで行くのは難しいでしょう。

理由は「帰りに空車でセブシティまで戻ることになるから」で、行くだけでも往復分の料金を欲しがるドライバーが多いです。

また帰りにタクシーを見つけることが難しいのも事実で、セブシティから行く場合は帰りも含めて半日チャーターとかしてしまう方が楽です。

この場合は万一のことも考えて、料金は前払いしない方がよいかと思います。

流しのタクシーを捕まえるのが一番安い

タクシーの安い順だと

  1. 流しのタクシー
  2. ホテル前などに止まっているタクシー
  3. ホテルタクシー(ホテルのフロントで頼む)

ですが、2.は基本的に避けた方がよいでしょう(流しがいないときはしょうがないですが)。

確実にボラれますが、ホテルタクシーよりはずっと安いです。

ただしガラの悪い連中が多いですが。。

まぁホテルタクシーは「安全料込み」の値段なので、他に選択肢がないか「お金よりも安全重視」の場合に利用することになるかと思います。

セブが初めてて英語が全くダメで女性なら、迷わずホテルタクシーをオススメします。