シェムリアップ空港から市内まで

バンコクからカンボジアのシェムリアップに移動しました。空港からホテルまでの道のりについて。

ホテルに送迎を依頼するのを失念していたため、空港に着いてからホテルまでの足を探すことにしました。

事前に軽く調べたところによると、トゥクトゥクで4ドル~6ドル程度との情報が。

とりあえず5ドルぐらいでトゥクトゥクが捕まればいいかな、ぐらいの感じで外に出る。

その前にタクシーカウンターらしきところをちらっと見ると、市内までタクシーで10USDと。

空港から出ると、名前を書いた紙を持ったホテル送迎の人がたくさんいました。

空港出口周辺を観察

ざっと見た感じ、ホテル送迎の人と、制服っぽい同じシャツを着た人(あとで空港のライセンスを持った運転手と判明)以外にいない。

まず、ほとんどの人はホテル送迎を頼んでいる模様。

たまに欧米人がトゥクトゥクで空港から出ていくのを目撃する以外、そもそも乗り物がほとんど走っていない状態。

空港から出ようにも、そもそも出口がどこかも分からない。



空港から出ようとするが

とりあえず外に出ようと歩き出すと、いきなり止められる。

「トゥクトゥクに乗りたいんだけど」と言うと、そこのカウンターでチケットを買うように言われる。

値段を見ると・・・

  • タクシー 10USD
  • バイク(トゥクトゥク) 9USD

なんと、タクシーとトゥクトゥクで1ドルしか違わない(どんな価格設定だ?)。

とは言っても一人でタクシーに乗ることもないので、仕方なく9ドル払ってトゥクトゥクを利用することに。

その場でチケットをもらって、運転手と一緒にトゥクトゥクまで歩いていく。

いきなりカンボジアの洗礼?

トゥクトゥクに乗ると、まずは「明日の観光はどうする?」から始まり、回るコースや遺跡以外の観光地などの説明が始まる。

あの、暑いんですけど。。

彼が言うには、空港でのトゥクトゥク運転手はA、B、Cの3つのグループに分けられていて、

Aグループの日→Bグループの日→Cグループの日→Aグループの日…

のループになっているため、今日客をゲットできないと明日、明後日は無職になってしまうとのこと。

そういう事情があるから売り込みに必死なのか。

明日以降の予定は決めていないため適当にあしらいながら10分ほど経過した後、連絡先をもらうことで納得してもらい、いざ出発。

空港から出て流しのトゥクトゥクを拾うという選択肢

トゥクトゥクはきちんと整備されたゲートから出たため、どうやら正規ライセンスを持っていない運転手はそもそも空港内に入れなくなっているよう。

で通りに出てみると、流しのトゥクトゥクなんか全然走ってない!

町に近づくに連れてちょっとずつ見かけるようになりましたが、少なくとも空港近辺では全くトゥクトゥクが走っていませんでした(時間帯によるかもしれません)。

あの灼熱の中トゥクトゥクを探すことを考えたら、結果的には空港から乗って正解でしたね。

結論から言うと、ホテル送迎を頼むのが一番安く上がることになりそうです。