カンボジア料理に挑戦して全敗した話

海外に行ったら楽しみはなんと言っても地元の料理!ということでカンボジアのご当地料理に挑戦してみました。

ネットで調べると「美味しい」という意見と「まずい」という、正反対の意見がちらほら。

「日本人の口に合う」としているサイトもありましたので、一応期待することに。

ただ「一番のオススメはクイティウです」というサイトを見て、若干不安になる。

#タイで言うところのクイッティアウ(米麺のスープ、ベトナムのフォーのようなもの)で、タイでは当たり前すぎる食べ物です

一品目:アモック

写真の料理がアモックです。

調べると「茶碗蒸し風料理」とのことですが、レストランでは提供時間短縮のためにスープっぽいものもあるとか。

私が食べたのはスープカレーっぽかったので「アモック風のもの」だと思います。

ビールとライスも注文。

見た目はタイカレーっぽい感じで、野菜がたっぷり。

食べてみると・・・

甘い。。辛さはゼロ。ココナッツ風味。

ご飯にもビールにも合わせるのがツライ甘さでしたが、なんとか完食。

二品目:カンボジア風チキンレッドカレー

昼のアモックが甘かったので、夜はピリ辛のレッドカレーを食べてみることに。

ご飯とビールも注文。

出てきたものを見ると、見るからに赤くて辛そうなスープに、ココナッツミルクが軽くかかっている感じ。

一口食べる。甘い。。

と言うかぬるい!

店員に言うとすぐ温めなおしてくれました。

そのまま鍋に移して温めなおしたので、上にかかっていたココナッツミルクはもはや混ざって、見た目はビーフシチューのよう。

食べるとやっぱり甘い。。辛さゼロ。

またもやご飯にもビールにも合わない味。

明日こそは美味しいカンボジア料理に出会えることを期待して、この日は終了。



三品目:トムヤムスープ

あれ?タイ料理?

とりあえずもう甘いものは食べたくないので、メニューを見て目についた「トムヤムスープ、チキン」を頼むことに。

ご飯とビールも頼む。

食べてみるとやっぱり、甘い。。

というかここまで辛くないトムヤムスープは初めて食べました。

確かにトムヤムスープの味ですが、辛さは完全にゼロです。

鶏肉をおかずになんとかご飯を食べ、ビールを流し込む。

ここまででカンボジア料理3連敗か。。

四品目:クイティウ

もうここまで来たらスープ系の料理はやめて、オススメとされていたクイティウを食べてみることに。

ホテルのすぐ横のミニマート前がローカルっぽい食堂になっていたので、見るとクイティウもあるよう。

「牛肉は生っぽいことがある」という情報もあったため、そこにいた店員(中学1年生ぐらいの女の子に)「クイティウ、ポーク」と頼むと「only beef」と冷たく返されたので、牛肉のクイティウを注文。

何気にメニューを見ると、クイティウは2.5USD。なんか高くない?

#タイでも150円程度です

別皿で出てきたもやしやライムの葉などを少々乗せ、ライムを絞って食べる。

スープは牛の出汁が効いていてなかなか美味しい。

麺はまぁ普通の米麺。

問題は・・・たっぷり乗った牛肉が「美味しくない」のです。

市街地で牛がいるのをたくさん見ましたが、あの牛の肉?

確かに「牛の肉」ではあるのですが、我々が知っている牛肉とはかなり異なる味わいと食感(ジビエっぽいと言うか)。

この時、普段日本で何気なく食べている牛肉がいかに高品質なのかを、改めて知ることになりました。

まとめ

決してカンボジア料理を「まずい」とは思いません。

単に「タイ料理大好き」な私の口には合わなかっただけです。

逆に、タイ料理の辛さやハーブの感じがダメな人には合うかもしれません。

どの料理も野菜たっぷりなので、野菜嫌いな私にはツラかったという個人的事情もありますが。。

あ、チャーハン系は普通に美味しく食べられます。