エアアジア 座席指定なしで6回搭乗した結果

エアアジアの近距離線に6回搭乗しました。全て座席指定なしでしたが結果は。。

他サイトの情報によると、エアアジアで座席指定をしないと高確率で「3列席の真ん中」になるとのことでした。

2017年の10月に

  1. バンコクからチェンマイ往復
  2. バンコクからビエンチャン往復
  3. バンコクからシェムリアップ往復

合計6回搭乗した結果は、

バンコクからチェンマイ

窓際

隣の2席も乗客あり

チェンマイからバンコク

真ん中

左右2席乗客あり

バンコクからビエンチャン

窓際

隣の2席は空席だったので3席占有

ビエンチャンからバンコク

真ん中

窓際の女性が、知り合いの横が空席だったらしく移動

通側の客も空席の窓際に移動したため、実質3席占有

バンコクからシェムリアップ

窓際

隣の2席は乗客あり

シェムリアップからバンコク

通路側

隣の2席は乗客あり

結果

全てWebチェックインで自動的に割り振られた席ですが、6回中2回が真ん中席だったので、毎回真ん中になるということでもないようです。

お金を出して座席指定するなら

1列目はやはり足元がかなり広いので、空いていれば1列目が断然いいですね。

次に足元がちょっと広い12列目。

それ以外はどこも同じなので、あとは窓側か通路側か、ぐらいになります。

ちなみに12列目が非常口になっているためか、11列目はリクライニングができないようになっています。

シェムリアップ往復はどちらも11列目でした。



快適度は、結局運

今回はいずれも約1時間と短いフライトだったために座席指定はしませんでしたが、座席指定したとしても結局のところ、快適に過ごせるかどうかは

隣の席の人次第

です。

隣が小柄な女性ならラッキーですが、

落ち着きのないデカイ男

だと最悪です。

最前列を選んだとしても座席の横幅は変わらないので、隣が落ち着きのないデカイ男だった場合は逃げ場がなく、我慢を強いられることになります。

そんな状況でも1時間程度のフライトならあっと言う間ですので、なんとか我慢できるかな、という感じです。

「安く目的地まで運んでくれる」のが最大のメリットなので、快適度を求めるならやはり、LCC以外を選んだ方が良いでしょうね。

1時間程度の近距離なら、またエアアジアを使うと思います。

エアアジアが優れいている点

Webチェックイン、空港でのスムーズさは、例えばスクートと比べるとエアアジアの方がシステム化されている分、ストレスを感じません。

サイトやスマホアプリは不安定で改善の余地があると思いますが、完全ペーパーレスなのは非常に便利です。