アンコール遺跡観光以外のシェムリアップ郊外観光

シェムリアップまで行ったらアンコール遺跡観光するのが当たり前、では面白くないので、敢えて市街地の観光にチャンレンジしてみました。

トゥクトゥクドライバーと話しているときに「country sideの観光もあるよ」と言われたので、どんなものか行ってみることに。

3時間コースで15ドルなので、ちょっとボラれた感があります。

最初はワニ園

東南アジアでよくあるワニ園ですが、シェムリアップの中心部からちょっと出たところにもあります。

大体ワニ園なんて大して面白い物でもないので、このときはパス。

湿地帯?

次に連れていかれたのは、見渡す限り蓮だらけの湿地帯のようなところ。

家っぽいのが何軒かあり、どうやらここはレストランのよう。

ざっと見て次へ。

植物園のようなところ

次は植物園。

ドライバーから入場に1000リエルかかると言われるが、実際は1ドル取られる(外国人料金?)。

規模が大きいのか小さいのかよく分からない植物園で、池沿いに通路があるのでそれに沿って歩くことに。

ここも池の上に屋根だけの家っぽいものがあり、どうやらグループで借りて楽しむような感じ。

日曜日には地元の人でいっぱいになるとドライバーは言っていました。

なにせ暑いので、ざっと見て次へ。



トレンサップ湖?

とりあえず大きな湖があるというので行ってみることに。

ここでボートに乗って観光ができるとのことでしたが、既に暑さでダウン気味なのでやめておくことにして、ただ湖を見る。

あとここでの観光ポイントは水上マーケットらしいですが、事前に観光客向けだというのを調査済みだったのでパスしました。

次のスポットは。。

ドライバーに聞くと、以上で終了とのこと。

。。。

ここまでで2時間も経っていないので、ドライバーの家を見せてもらうことに。

集落のようなところに入って行くと、とんでもないでこぼこ道の悪路。

家と呼べるものから小屋まで様々でしたが、高床式になっています。

恐らくここは外国人が入ってくるようなことはない場所なので、人々からものすごく見られる。

ドライバーの家はその中でもひと際小さい家だったので、中に入るようなことはしませんでした(高床式なので登ることになる)。

写真はこの時に撮った、ドライバーが飼っている子犬です。

横に写っているのが高床式住居の柱で、この上が家になっています。

集落をぐるっと回っただけで終了。

ネタ切れなので仕方なくワニ園へ

入場料3ドル取られる。

係員に案内され中に入ると、やっぱり。。

ただワニがうじゃうじゃいるだけ。

しかも結構狭い。

後から来た中国人グループは、滞在時間2分ぐらいでした。

まとめ

シェムリアップに来たら、素直に遺跡観光に行きましょう。