アンコールワット観光の事前準備から入国まで

ほとんど事前知識なしでアンコールワット観光に行ってきました。これから行こうと考えている人の参考になればと思い、自身の体験をまとめておきます。

※旅行期間は2017年10月24日~28日でした

出発前に準備しておくもの

カンボジア入国には、短期間の観光でもビザが必要です。

ビザ取得には色々方法があるようですが、私の場合は「到着した空港で申請」しました。

その際に必要となるのは

  • 6cm x 4cm の写真一枚
  • 30USドル

の二つですので、出発前に準備して行った方が楽かと思います。

ちなみに写真はスマホで撮影したものをコンビニでプリントしたので、20円しかかかっていません。

申請書類

機内で

  • 入国/出国カード
  • ビザ申請書

の二枚が配られますので、到着前に記入しておきます。

記入内容は、英語なのでそれほど難しいことはないと思います。

到着後に空港で書いている人もたくさんいましたが、機内で書いておいた方がスムーズです。

シェムリアップ国際空港到着後

飛行機から降りて歩いて建物に入ると、最初にビザ申請があります。

パスポートと記入した申請書、写真一枚、30ドルを渡すだけです。

奥に進むと受け取る場所がありますので、そこに移動して呼ばれるのを待ちます。

パスポートを受け取ったら入国審査ですが、カンボジアは結構時間がかかります。

入国審査を抜けると、晴れてカンボジア入国となります。



用意する写真の注意点

あまり神経質になる必要はないようです。

スマホで撮ってコンビニでプリントしただけの写真ですが、特に何か細かいことを言われることはありませんでした。

サイズと顔の大きさが合っていて、よほど不鮮明とかじゃなければ大丈夫かと思います。

あと私は普段眼鏡着用ですが、眼鏡なしの写真を出しました(パスポートの写真も眼鏡なし)。

現金30ドル

米ドル以外での支払いも可能なようでした。

確かタイバーツの支払い金額も書いてあったような気がしますが、30USDよりは割高でした。

到着してからATMで引き出せるなどの情報もありましたが、基本的には米ドルで30ドル用意しておくのが、一番トラブルが少ないかと思います。

お釣りももらえますが、その際は「お釣りでもらったドルに破れや汚れがないか」チェックした方がよいです。

ちょっとでも破れや欠けがあると、カンボジア内で使用することができません。

カンボジアの米ドル受け取り拒否