ある日突然背中が痛くなったら

一つの可能性として、尿管結石かもしれません。

慢性的に尿管結石持ちですが、最初はよく分かりませんでした。

背中の上方に筋肉痛のような痛みがあり、また排尿時に痛みを感じたのが最初でした。

ある日突然、背中に筋肉痛のような痛みを感じる

尿管結石の症状のとして、

  • 背中または腰あたりに筋肉痛のような痛みを感じる
  • 鈍痛の場合もある
  • 排尿時にピリピリした痛みがある
  • 尿に血が混ざる
  • 下腹部に鈍い痛みを感じる

があります。

最初は「背中の痛み」と「排尿時のピリピリ感」でした。

幾つか病院を回った後、何か所目かの病院で「尿管結石」と診断されました。

以前職場の同僚がやたらと「背中が痛い」と言うので「尿管結石かもよ?」と告げたところ、やはり尿管結石だったようです(しかもかなりの大物)。

最初は気付きにくい、尿管結石の症状

私も初めての時は、自分が尿管結石だとは思いもしませんでした。

  • 背中が筋肉痛のように痛い
  • 排尿時に痛みがある
  • 血尿が出る

は別の病気の症状として出ることもあり、普通は気付かないですよね。

私の場合は最初病院を何か所が回ることになりましたので、症状が該当する方は「泌尿器科」を受診してみることをオススメします。



尿管結石って痛いの?

色々調べると「この世で最も痛い病気」とか「出産に次ぐ痛み」とか言われていたりします。

幸い私自身は大きい石が出来たことがないため、なんとか排尿時に排出できています。

「石が膀胱まで落ちれば痛みはない」という意見も見たことがありますが、石が大きい場合は出るまでがかなりツライです。。

歩いてる時に激痛になってその場で倒れこむこともあるようですので、人により痛みの度合いは様々なようです。

早めに泌尿器科を受診するのが良い理由

一般的に、5mm以下の石の場合は自然排出を勧められるようです。

自然排出が不可能なほどに石が大きい場合、レーザー破砕切開して取り出すか、病院の指示に従うことになります。

いずれにしても自然排出できない場合は自力で治すことができませんので、早めに病院に行って、提案された対処方法に従うしかありません。

既に自然排出不可能なサイズの石がある場合、いつ悶絶するような痛みに襲われても不思議ではありません。

早めに病院に行って、自然に排出されるサイズがそうでないか、を診てもらうことは重要です。